カテゴリー: 人妻について紹介します

カテゴリー: 人妻について紹介します

「既婚女性」と聞くと、様々なケースを想像します。
「恋愛結婚し、子供にも恵まれ、一軒家に高級車が一台。犬だって一匹いる」「旦那はワーキングプアで滅多に帰宅しない。自分もパートを掛け持ちしているけど一向に生活が楽にならない」「夫婦で浪費家であるため、高級デリヘルで稼ぎ、遊ぶ金を得ている」等々。とにかく挙げたらきりがありません。

しかし、これが「人妻」であったら話は別で、「得も言われぬ色気がある」「割り切ったセックスだけの関係になることが可能」「淫乱多情」等々、一気に性にまつわるイメージが強くなります。
これは「マダム」という単語も類似しています。

いずれでも構わないのですが、このように様々なイメージが思い浮かぶ人妻ですが、実はとてもビッグな悩みをお抱えでらっしゃいます。
というもの、マダム、特にチャイルドがいる人妻の、別に二の腕に贅肉がついていないのに「お母さん」として見られてしまいがちです。これで2人以上チルドレンがいたら「おかん」にアップグレードします。

人妻を落とす際、多くは容易にセックスができる女性。つまり、日常に不満を抱えていて性欲が強い女性を狙うのですが、ここで矛盾が発生するのは、上述の「お母さん」、「おかん」として見られてしまう女性が対象から外れることです。

これは家庭環境から「これはリストから外そう」と短絡的に考える男性もいけないのですが、自分に自信が無い女性にも問題があります。
結婚していて子供がいるだけで、「自分はおばさんで、ずっと家事と育児をこなすしかないんだ」と自虐的になるからです。

ただ、「だから私は適当に扱われても構わない」とは考えていません。
本音は「女性として接して欲しい。自分だってまだまだいけるのに」というものです。
なので、意外かも知れませんが、年をとっても美貌を維持している方はジムで徹底的に体型維持にもつとめているという方はあまりいません。

逆に一見地味な人妻の方が、下腹を鍛えたり、ハードな生活を応用して若々しくいられるようにつとめていたりします。ですから、化粧一つでまるっきりイメージが変わることから、人妻マニアは、おかん系人妻ばかり狙っているとも言われています。

人妻と仲良く、それもセックスフレンドとして仲良くなるのであれば、まあ、本音をいかに汲み取ってあげるかですね。また、悩みからも解放してあげれば、なおよろしいでしょう。さあ、いますぐあの人妻を落としに行きましょう!


過去記事から人妻を知ろう

カレンダー

2018年8月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031